自分の心のケアも忘れずに

カウンセリングをしていて思うこと。。
それは、心の病や不調を訴えてる方は
〖 とても素直〗
〖 感受性豊か〗
〖 心優しい〗
こういった方が多いと思います。
そのため、素直にその言葉を間に受けてしまって凹んだり、本来ならば感受性豊かなため、泣いたり笑ったり、喜怒哀楽が自然に出せるのに、
心優しいので、相手を気遣い、自分が我慢するこで、徐々に自分への負担が大きくなってる方が多い傾向にあります。
相手の気遣い>自分の気遣い
これにより、自分の心身のケアにさく時間、さくことが少なくなってきて、自身の不調を招きます。
その優しさや感受性の豊かさをもっと自分にも与えてあげましょう。
人に優しく、自分に厳しく
ではなく
〖 人にも優しく、自分も大切に〗
そうした少しの変化で気持ちの楽さも変わってきますよ( ᵕᴗᵕ )*・