見捨てられ不安と3つの行動

こんばんは!

 

 

大阪市の恋愛相談、悩み相談、無くした自信を取り戻すお手伝いサロン、カウンセリングサロンwishです。

 

 

今日は夕方空がすごい綺麗でしたね!

あなたは空を見上げてますか?

気分が下がり気味のときは顔も下に向きがちです。

たまには空を見上げてみてくださいね!

 

 

では本題に入りましょう!

 

 

前回、見捨てられ不安を持つ人の特徴についてご紹介しました。今日は見捨てられ不安による「3つの行動」についてご説明しますね。

 

 

見捨てられ不安を持つ人には3つの特徴な行動があります。

 

 

◆見捨てられ不安からくる3つの特徴的行動

 

 

①.彼氏や彼女の愛情を試す、「試し行動」

②.彼氏や彼女にしがみつく、「しがみつき」

③.自ら離れる、突き放す、こきおろす

 

 

以上の3つの行動が見られます。

 

では、それぞれ詳しく説明しますね。

 

①.相手の愛情を試す行為

 

本当に彼氏、彼女が自分のことを愛しているかを試す。

これが見捨てられ不安による「試し行為」です。

 

 

例えば、わざと自分から連絡するのをやめ、相手からの連絡を待ちます。

「もし本当に彼氏、彼女が自分のことを愛しているなら、相手から連絡がくるはずだ!」と相手を試す行動にでます。

 

また、彼氏、彼女に見捨てられそうになったら、リストカットなどの自傷行為をしてみたり、自殺をほのめかす行動をとったりして、相手に引き留めてもらおうとします。

 

 

これは、私の体験談ですが、情緒不安定な後輩の女の子から、度々、「薬を大量服用した状態で電話がかかってくる」ということもありました。

「今薬を飲んでるー。1錠、2錠、...50錠、あー◯◯錠も飲んでるー。〜」そこからかまってモードで数時間話すことも。

そして次の日には覚えてなかったり。。

 

 

このように、相手を心配させたり、相手の注意を引くような行動をとることが「試し行為」です。

 

 

②.彼氏、彼女にしがみつく

 

彼氏、彼女に浮気されたり、別れ話になったりしたら、激しく泣いたり、暴れたり、物に当たったりと、感情をコントロールできずに相手にしがみつきます。

 

 

また、彼氏、彼女を独占したい!という気持ちが強く、彼氏、彼女から連絡がないと不安で仕方なくなります。

その結果、不安を解消するために、相手が電話に出るまで何十回も電話をかけまくる。

何十回もLINEを送りまくって既読がつかないか気にする。

 

 

異性の友達の連絡先を全部消したり、束縛が激しいのも、見捨てられ不安によるものです。

 

 

 

③.自分から離れる、突き放す、こき下ろす

 

彼氏、彼女が自分に少しでも関心を向けないと、見捨てられるのが怖くなり、その怖さからつい自分から離れてしまいます。

 

 

傷つくのが怖い。ならいっそ、傷つく前に自分から別れを告げよう。

 

 

これも見捨てられ不安からくるものです。

 

 

また、見捨てられ不安を持つ人は、極端な思考を持つため、「好き」か「嫌い」かの二択しかありません。

 

そのため、相手が振り向く可能性がないと分かった途端、暴言を吐いたり突き放したりして、相手のことを「大嫌い」になります。

 

 

好きな時は、「彼氏、彼女なしでは私は生きてない」と思うぐらい好きですが、一旦嫌いになると、同じぐらい激しいエネルギーで相手に対して憎しみ、怒りを抱きます。

 

 

これも、先程と同様に、拒絶されることの恐怖から、自分から先に拒絶して安心しようという思いからくる行動です。

 

 

特に恋愛においては、付き合うまでは順調にすすんでいても、交際がスタートして、徐々に恋人と親しくなり始めると、見捨てられるのが怖くなって自分から別れてしまいます。

 

 

見捨てられ不安の人は恋愛が長続きしない人が多く、孤独を感じる人が多いです。

 

 

以上、本日は見捨てられ不安の人に共通する3つの行動をご紹介しました。

 

 

どうでしょう?

あなたは、当てはまるー!これ私のことだ!俺のことだ!と思うことはありませんでしたか?

 

 

当てはまったあなたはぜひお会いできたら嬉しいです!

 

 

一緒に幸せな恋愛体質にチェンジしていきましょう!